edogawa outdoor wedding を開催しました

| コメント(0) | トラックバック(0)

outdoorwedding08.jpg「edogawa outdoor wedding」を開催しました。なにをゆーてるねん、て感じですけれど、2011年7月に結婚をしまして、2012年10月に結婚パーティを開きました。
土曜日に地元松戸の、古来からの中心地であった松戸神社と、宿場町の名残を残す富吉にて親戚のみの式と披露宴を行い、日曜日には江戸川河川敷でアウトドアウェディングを開きました。
「edogawa outdoor wedding」は「松戸アートラインプロジェクト2012」の出展イベントでもありまして、プロジェクトから予算が出るわけではありませんが、おかげさまでまちづクリエイティブさんや松戸まちづくり会議のみなさんのご協力を得て、さまざまな手配を手伝っていただきました。
また初回の相談時から、イベント終了時まで常に多くをサポートしてくれたH.O.Wさんなしにはなかなか実現しえなかったと思います。
専門式場と違い、ゼロから何もかも、しかも主賓(と書くのもなにかおこがましいというか恥ずかしいですが)自ら、小さなことから大きなことまで細かく細かく準備を重ね、手配して、スケジュールを管理して進めていくのは本当に本当に大変でした。
これについてはまたどこかでちゃんとレポートにまとめたいと思います。

一次会は新郎新婦のゲスト(親戚を含まず友人のみ)だけの会で、二次会からは誰でもが参加できる会にしました。
私は元々は大阪で生まれ、東京で育ちました。私の夫は常磐線ももう少し松戸の奥の方で生まれ育ちました。縁があって、この松戸に住むことになり、宿場町としての古い松戸の良さを改めて知り、また多くの人と知り合うことが出来ました。

特に会場となった樋野口付近、ふれあい松戸川があるあたりは、こんな豊かな自然がこんなところにあったのかと驚くほどの森のような空間が広がっています。
私の友人たちには松戸のよさを知っていたただき、地元の人には再発見してほしいというコンセプトのもと、二次会は出店を出してキャッシュオン形式にして、近くに住んでいる人も、通りがかりの人もふらりと立ち寄れるような形にしました。

outdoorwedding01.jpg一次会は赤い引き振袖を引かないで。一次会の終了時は岡山は井原の青野町に住む友人に紅白のお餅を作っていただいて、餅撒きをしました。

outdoorwedding02.jpg二次会ではサプライズで松戸の友人たちが土手の上で文字を!

outdoorwedding04.jpg二次会の最後にはフォークダンスを。夏に岩木山のお山参詣に行ったのですが、お山参詣では昼に町を練り歩いた後、深夜山に登るまで境内で踊り明かします。私は大学で民俗学を勉強していて、これだけがきっかけではないんですが、やはり祭りには踊りだ!!と思いまして(笑)、フォークダンスをプログラムに入れたのですが、これはなかなかよかったです。踊りは皆の気持ちを一体に出来ますね。

outdoorwedding06.jpg夕暮れの会場。

outdoorwedding05.jpg準備に大活躍してくれた椅子貼り職人の友人が、私が描いた布を貼ってくれた椅子。高砂に使用しました。

outdoorwedding07.jpgぬいぐるみ作家のおともだちが作ってくださったウェルカムキャット。可愛過ぎて家宝です。

outdoorwedding03.jpg引き出物に作った、バック、手拭、どら焼き。

写真はFBにアップしてくれた友人たちの写真を拝借いたしました...!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://annulus.jp/mtos/mt-tb.cgi/51

コメントする