デザインの学校 これからはじめるFireworksの本にご協力しました

| コメント(1) | トラックバック(0)

デザインの学校 これからはじめるFireworksの本 〔CS6対応版〕にほんの少しですが、作成事例等のデザインやデータ制作でご協力しました。
480168_10200541800328058_580349053_n.jpg
Fireworksを始めて触ったのはイラストを描くためでした。タブレットを使った線画を描くときに、さまざまなマテリアルのラインを選ぶことが出来て、味のある雰囲気が出せてなかなか便利です。
Webサイトのデザイン制作をする時には、今も昔もPhotoshopを使用していますが、お客様からFireworksで作成されたデータを引き継いで作り直してほしいと言われた時や、マークアップを別の方が担当する時にFireworksで作成してほしいと指定された時などにFireworksを使用しています。Fireworksはデフォルトや配布されているマテリアル(効果など)が豊富で使いやすいものが多く、うまく利用すると効率的に作業が出来ていいなと思っていました。

今回、ご依頼を受けてから、「これからはじめる」と題名にもありますので、私もまた基本にそってデータを作成してみて、マスターページや共通パーツ、ホバーボタンの作成など、改めてWeb制作に優しい環境が整えられているなと感じました。

これらは、Fireworksを使われている方でも意外と知らないで過ごしていることが多いと思うので、一度おさらいしてみると格段に使いやすくなるのではと思います。

後は画像の加工や文字のカーニングなどが、もう少し直感的に調整できればいいのに...というのが正直惜しいなと思うのところなのですが、逆に前述したWeb制作に特化した機能の他に、複数オブジェクトをグループ化した後のカラー調整や、ライン等のマテリアルなど、Photoshopにはない便利なデザイン的な機能も見逃せないところです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://annulus.jp/mtos/mt-tb.cgi/53

コメント(1)

こんにちは!
早織さんのブログからこの本を知って Amazonで購入。
今日手元に届きました!

わたしもPhotoshopで作ることが多いのですが、
たまたまFireworksで作る仕事が入ったのでとてもタイミングが良かったです◎
Fireworks押しの気になるデザイナーさんもいるので勉強してみます^^


いろんなテイストのイラストを描かれるんですね!
描けるってうらやましい!

コメントする